眼瞼下垂などのお悩みや初心者向けのアドバイスをしていきます

症状別の選択肢と費用相場

目元

費用と手術結果は比例しない

二重整形にはいくつか種類があり、その選択によって費用も大きく異なります。施術方法を大きくわけると2種類あり、切開法と埋没法と呼ばれています。また、それぞれの方法を細かく見ると、その中にも色々な手法がありますし、そもそも美容医療は自費診療となるためクリニックごとに料金に差があるのは大前提としてのお話です。切開法には部分切開と全切開の2種類があります。書いて字のごとく、瞼の一部を切開するのが部分切開、目頭から目尻まですべて切開するのが全切開という事になります。費用に関してみると、切る大きさによって料金差はほとんどありません。片眼のみの場合は13万〜15万円が相場です。両眼行う場合は20万〜30万円程度が相場のようです。一方の埋没法の費用は二重をとめる糸の種類を箇所数によって異なります。糸を多くの箇所でとめると強度、効果は増しますが費用も上がります。1点留めであれば3万円程の料金設定としているクリニックも多くありますが、相場は5、6万円程と考えておけばよいでしょう。また、髪の毛よりも細くしなやかで、より自然な仕上がりが可能な最新式の特殊糸などを使用したり、より強固に4点留めを行うなどする場合は10万円程度になる事もあります。大切なのは整形料金と仕上がりの満足度は比例しないという事です。つまり、高額払えば必ず最良な出来になるという事ではありません。その人それぞれに最適な治療方法があります。満足な結果になるか否かは、その選択肢次第と言っても過言ではありません。施術前に医師としっかり相談し、納得の上で治療が受けられるように準備しましょう。

美容整形業界において昔も今も、長きにわたって不動の人気ナンバーワンは二重整形術です。以前は美容に関しては女性のものというイメージがありましたが、美容整形は技術の進歩とともに身近な存在となり、今や老若男女問わず手術を受ける時代となりました。二重整形と一言で言っても実は様々な種類があります。大きく種類を分類すると2つ。1つは瞼をメスで切開して二重のラインを作る切開法、もう1つは切らずに特殊な糸を瞼に埋め込んでラインを作る埋没法です。メスで切開する方は確実性が高く、効果が半永久的に持続するというメリットがありますが、その分費用は高額です。一方の埋没法は糸が外れれば瞼は元に戻ってしまいますが、元に戻す事ができるというのもまたメリット。切らない分、気軽に受けられる治療であり切開法と比較すると費用も非常に安価です。治療方法については痛みがない方がよい、安くすませたい、高くても良いから一生一重に戻らないようにしたいなど、患者それぞれの意向があるはずです。しかし、希望だけで治療方法を決定してしまうのは危険です。治療方法は元々の瞼の状態に応じて検討するのが、術後結果が一番期待できるでしょう。例えば、元々脂肪がたくさんついて腫れぼったくなった瞼の場合は埋没法では不十分な可能性があります。余剰な脂肪を一緒に除去できるというメリットを利用して切開法を選択するのが賢明です。元々、二重の線が全くないような純然たる一重の場合も切開法が適しています。簡単に言えば、それ以外の場合は埋没法が可能な事が多いようです。奥二重、すでにうっすらある線をはっきりさせたい、左右差をなくしたい等。最良な治療方法の選択に関しては、カウンセリングを利用してしっかり相談しましょう。

Copyright© 2019 眼瞼下垂などのお悩みや初心者向けのアドバイスをしていきます All Rights Reserved.